[レビュー]レイ・アウト Xperia Z1f用フィルムを1ヶ月使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


株式会社レイ・アウトさんの「Xperia Z1f(SO-02F)用 ブルーライト低減さらさら気泡軽減フィルム(RT-SO02FF/K2)」を1ヶ月使ってみた感想です。


2年半使い続けているXperia Z1fの液晶フィルムがヘタってきたので新たに購入したのがレイ・アウト docomo Xperia Z1 f SO-02F用 ブルーライト低減さらさら気泡軽減フィルム(表/背)です。


同社からAmazonにて発売されているXperia Z1f用フィルムは現在5つほどあります。
その中の一つ「ブルーライト低減さらさら気泡軽減フィルム」は定価が一番高く、パッケージの左上には「プロモデル」の表記があります。(他にエントリーモデル、スタンダードモデルなどがあるようです)
レビュー時のAmazonお値段は793円。フィルムとしてはミドルクラスってところですかね。

さっそくレビューです。


画質・見た目


このフィルムはいわゆる非光沢(マットタイプ)ですが、反射が程よくカットされ画面が見やすいです。
また、画面が消えて真っ黒な状態でも光を程よく反射しスマホの見た目・美しさを損なっていません。

光沢タイプのフィルムは自分の経験上、画質・見た目はいいのですがどうしても指紋が目立ち、結局見た目が「おぉ・・・」となってしまいがちです。

ちょうど光沢と非光沢の中間のハーフグレアといった感じです。とてもグッド。

見やすさも文句ありません。
パッケージ裏には「透過率88%」となっていますが、近くでよく見れば小さい文字の輪郭がぼやけてるのかな?ってくらいにきれいです。使っていて気になったことはありません。

指紋


今回選ぶ上で重要なポイントだった指紋も付きにくく、ついたとしてもポケットに入れて次取り出したときにはほとんど無くなっています。まだ1ヶ月なのでその辺の効果の持続性はわかりませんが。


操作性


さらさらです。操作性抜群。スマホをいじる必要が無くてもそのさらさらにやみつきになって画面に指を這わせてしまうかもしれません。

僕はどちらかというと手の水分が豊富な人なのでタッチパネル全般の操作はしばしば難がありますが、それでもこのフィルムは操作性を損ねないので素晴らしいです。

サイズ・貼りやすさ


サイズは気持ち小さめなくらいで貼りやすかったです。普通に操作してるときにはフィルムの存在に気づかないレベルでフィットしています。

今回はホコリ侵入無し・気泡無しの過去最高の出来で貼れたのですが、それがこのフィルムの「気泡が消える・ホコリも吸収」の機能によるものなのか自分の技術が向上したおかげなのかはわかりませんでした。
というかホコリを吸収ってなんだすごいな。

ちなみに風呂場(衣服あり)で貼りました。付属のクロスで入念にホコリは除去しました。


ブルーライトカット


・・・正直買う時ブルーライトについてはどうでも良かったんです。
目が疲れなくなった気がしないでもない・・・?

心配だったのが画面の変色だったんですが問題なしでした。

「ブルーライト32%カット」が大きなコピーになってるパッケージですが、そんなことより他にも突出したいいところがいっぱいあるのでこのコピーはもったいないかなと思いました。パッケージの裏面にはちゃんともろもろ書いてありますけどね。


総評


大変満足しています。

良かった点は

  • 指紋がつきにくく、ついたとしてもポケットに入れてちょっとしたらほぼ無くなっている。

  • さわり心地がさらさらで操作性がとてもいい。

  • 非光沢品にありがちな画面のぼやけがほとんどない。


表と裏面の2枚セットなのもお得です。

まさに自分の理想としていたものでした。

関連記事

Amazon.co.jpアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

[ARK:SE]恐竜用巨大ゲートの建築と開く方向次の記事

やっとレスポンシブ化前の記事

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)