サイト内に調べたい単語が出てきた時に重宝するChrome拡張機能「Context Menu Search」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
contextmenusearch_img01

Webサイトを閲覧していると知らない単語がでてきたりすることはよくあります。
そんなとき簡単に短い手順でその単語を調べられるオススメのChrome拡張機能が
Context Menu Searchです。

使い方は簡単・ほとんどの検索サイトに対応


普通にページ内に出てきた単語を調べようとすると、まずテキストをコピーして、新しいタブを開いて、検索したいサイトに飛んで、やっと貼り付けて検索という具合に手順が多くて面倒ですよね。この拡張機能は、ページ内の文章・単語をマウスのドラッグで選択し、右クリックのメニューから検索することができるので直感的かつ素早く操作することが出来ます。さらに便利な点として、自分の好きな検索サイトで検索できるという特徴があります。


contextmenusearch_default01.png


設定方法


デフォルトでは「Bing」「Bing Images」「IMDB」「Wikipedia」「Yahoo!」で検索することが出来ます。しかしこれらは日本語サイトではなく英語サイトなので気になる人は編集する必要があります。

これらの検索サイトを編集するには適当な文字を選択して右クリックメニューで現れるContext Menu Searchの「Options」をクリックします。すると下の画像のような設定ページが開きます。


contextmenusearch_option01.png


追加したい検索サイトが一覧にあればそのチェックボックスをマークして、ページ一番下の「Add selected options」をクリックすることで追加できます。

これらの一覧に追加したい検索サイトが無い場合、手動で追加するにはまずその検索サイトに移動します。
今回は例として「goo辞書」を追加してみます。
goo辞書を開いたら、検索欄で
TESTSEARCH

と入力して検索します。

検索結果の画面が出たらそのページのURLをコピーします。

次に、Context Menu Searchの設定画面に戻り情報を入力していきます。


contextmenusearch_option02.png


「Display name」に右クリックした時の表示名を入力。
「Link」にコピーしたURLを貼り付けます。
「Add new option」をクリックして検索サイトを追加します。

完了すると現在追加されている検索サイトの一覧画面が出てきます。このページでは検索サイトの編集・削除・並び替え・表示切替を行えます。このページは上部メニューの「Manage current options」からも開けます。


contextmenusearch_manage01.png


必要のないものを削除したり、並び替えを終えたら「Save new config」をクリックして保存します。


以上!これから調べたい単語が出てきた時は数クリックするだけで調べることが出来ます。

ちなみに「TESTSEARCH」をこの拡張機能が検索ワード部分として判断してくれているわけですが、「TESTSEARCH」のかわりに「%s」でも対応できるようです。
関連記事

Amazon.co.jpアソシエイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Google ChromeでYoutubeをシアター気分で楽しむ次の記事

TweetCaster for Twitterがバージョンアップでフラットデザインに前の記事

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)